39歳の初めての挑戦!プロペシアとミノキシジルで髪への気配り

トップ画像

薄毛の治療

はげ

脱毛症には種類が幾つかありますが、その9割近くを占めているのがAGAとなり、早い男性の方で思春期を超えた辺りから徐々に髪が薄くなるあるいは抜け落ちるペースが早くなどの症状が見られる様になります。
思春期を超えた辺りなのは、男性の方が胎児期、幼少期、思春期と発育の過程で筋肉の発達、太く密度の高い骨あるいは骨格の形成、または髭などの体毛、男性器の発達などに必要なテストステロンが体が十分な発育をした時点から必要が無くなる為であり、このホルモン物質が変換される時期が大体、成人を超えた辺りと言われ、頭皮環境に悪い影響をもたらしてしまうのが変換生成されるDHTという物質になり、毛根内にある受容体に結合してしまう事で髪の成長を抑制し必要な養分の補給が出来なくなった髪は細くなりまた寿命も10年程度あるものが1年未満になるなど毛周期を乱してしまう様になります。
生成を防ぐ事がAGA治療においては先決となり、生成の為に活発に活動する5a酵素の働きを阻害する必要があり、この酵素に唯一有効性を示すのがプロペシアという経口服用する発毛薬となります。
プロペシアとは、成分フィナステリドを用いた用量が1mgとなる錠剤であり、2005年より販売が開始されており薄毛の改善の第一選択薬になり多くの男性の方に発毛効果をもたらしています。
作用としては上記で挙げた生成を促進してしまう5a酵素の阻害であり、阻害する事により毛周期を通常に戻し再び髪が成長する、あるいは太くて健康的な髪へと変える事が出来る様になり、脱毛を抑制する事に繋がり頭皮環境を整えてくれます。
またフィンペシアというジェネリックも登場している為、コストパフォーマンスに優れた薬剤の使用も出来るので選択の幅を広げてくれ成人男性であれば誰にでも治療に役立てる事が出来ます。
フィンペシアもフィナステリドが同量配合されており、同一作用を期待できますが、先発薬・後発薬どちらにも言えるのが使用者の25%に方には有効性を示さないとされているので服用にあたりAGA治療に過度な期待や望みをかける事は禁物です。