39歳の初めての挑戦!プロペシアとミノキシジルで髪への気配り

トップ画像

ミノキシジルの発毛効果

発毛効果

もともとは高血圧症の方が血圧を下げるために用いていた成分ミノキシジルとは高血圧症の方に副作用として多毛症が見られるようになり副作用の中から発見され二次的な効果があることがわかり転用され現在ではAGA治療の成分として用いられるようになって成分になります。
AGAは男性型脱毛症のことであり、症状として頭頂部や額などの生え際が後退し頭皮が目立つようになり髪が薄くなっていってしまう進行性の脱毛症のことになり、ミノキシジルは生えてこなくなってしまった毛髪を再び成長させるために頭皮を活性化させるために育毛剤の中に配合されており液剤となるので頭皮に直接塗布することで育毛作用を期待することができるようになります。
日本ではリアップシリーズという製品の中に配合されており1%配合のものと5%配合されているものがありドラッグストアなど購入することができ簡単に購入することができリアップレディーという女性用の製品もあるので女性の脱毛症にも有効な製品になります。
ただし、有効となる部位は頭頂部のみになり液剤の弱点でもある液だれが生え際などには成分を十分に浸透させることが難しく効果が発揮されないことがあるため注意が必要となります。
AGA治療にはこの成分以外にもう1つ有効性分があるとされそれはフィナステリドと呼ばれる成分で、この成分も副作用から発見された成分であり前立腺肥大の治療薬に使われていたものですがAGAに有効となりいまではプロペシアと呼ばれる医師から処方してもらうことができる治療薬になりました。
これは頭皮内を活性化させるものではなく原因となっている悪玉男性ホルモンが生成されるのを抑えることができるものになり脱毛症の根本的な治療に用いられる薬になるためリアップなどの育毛剤と併用することで、より高い作用が期待できるようになり相乗効果を得ることができるとも言われています。
治療を行わなければ脱毛症の症状は進行し続けてしまうので薄毛や抜け毛に悩んでいる方はこれらの製品を使って改善していきましょう。