39歳の初めての挑戦!プロペシアとミノキシジルで髪への気配り

トップ画像

抜け毛のトラブル

抜け毛のトラブル

薄毛とは、髪の毛が生え変わりを起こす度に次第に成長してくる一本一本の毛がコシや艶または柔らかくなる事で徐々に毛髪全体が軟毛になる事で毛髪の量が少なくなる状態になる事であり、女性の方にはあまり見られませんが男性の方であれば成人以上を対象に考えると四人に一人が毛髪が薄くなっている事が分かっており、数にすると1000万人を超えるともされ、その九割がAGAという進行性の脱毛症の症状だと言われ原因として考えられているのが雄性ホルモンの影響が大きいとされ、遺伝性である際には本人の両親ではなく母方の父、すなわち祖父からの隔世遺伝によるものと考えられます。
また場合Nいよっては成長するに従って就寝の時間の変化や生活の習慣が乱れる事、また精神的な負担等にも起因するとされ、治療や毎日のケアは大切な事になりますが、規則正しく健康を管理する事も毛髪への大切な対策になります。
原因となる物質は思春期を超すまでは体にとって非常に重要であり、成長を促進するテストステロンが一定の年齢を迎えた頃にある酵素の活性化により転換される事でAGAの原因物質が作り出されてしまい頭皮内にあるトランスポーターに結合する事で成長を止めるシグナルを発する様になり上記の様な症状を起こす様になります。
酵素の活性化を抑える事が改善へと繋がり、その物質は5αリダクターゼと呼ばれるものでこの物質がテストステロンを転換させてしまいDHTの産生を起こってしまい、これがトランスポーター内に取り込まれ結合する事でTGF-βというタンパク質の一種を生成してしまい毛髪への栄養補給等も阻害してしまうので硬毛から軟毛へと毛髪に変化が起こります。
こういった事を生活の習慣改善だけでは治療出来ず、阻害薬を用いる事で酵素を弱体化させる事で進行遅滞あるいは発毛へと繋がる作用を頭皮にもたらす事が出来ます。
また発毛した上に育毛剤を用いる事で毛髪の成長促進を促す事が出来るので、個人で薄毛の治療を検討する際には併用がお勧めになります。